どんな工事が対象になるの?

介護保険が適用される住宅改修の工事内容についてご紹介します。

1.手すりの取付

  • 屋内(玄関・廊下・階段・トイレ・浴室)への手すりの設置
  • 屋外への設置もできます

2.段差の解消

  • 段差スロープや踏み台の設置
  • 敷居の撤去や通路の傾斜の解消
  • 床全体のかさ上げ

3.滑りの防止、床材の変更

  • 居室を畳からフローリングやクッションフロアに変更
  • 浴室の床材を滑りにくいものに変更
  • 階段の段鼻へ滑り止めを取付

4.扉の取り替え・新設、扉の撤去

  • 開き戸を引き戸・折れ戸・アコーディオンカーテン等に交換
  • 扉の新設
  • 既存扉の撤去
  • ドアノブをレバーハンドルや大きな引手に変更
  • 戸車の設置

5.洋式便器への取り替え

  • 和式便器を洋式便器に交換

6.上記工事に付帯する項目

  • 工事に伴う壁や根太の下地補強・下地補修
  • 工事に伴う給排水設備工事
  • 扉の取替えに伴う壁や柱の改修工事
  • 便器の取替えに伴う給排水設備工事
  • 便器の取替えに伴う床材の変更

※自治体により、付帯工事の判断基準が異なる場合があります。