介護保険住宅改修制度とは?

介護認定を受けている方が、住み慣れた家で在宅生活を続けていくために、手すりの取付や段差解消などのバリアフリー工事を行う費用の9割を介護保険から給付します。

 

介護認定を受けている方であれば、支給限度額20万円まで一割負担で工事ができます。

 

※必ず市区町村への申請手続きが必要となります。

<対象者>

介護認定を受けている方

※要支援1・2、要介護1~5のいずれか

 <対象工事金額>

上限20万円(税込)

※1.認定期間中であれば、何回かに分けて利用できます。

※2.介護区分が3段階上がった場合や、引っ越し等で転居した場合は新たに20万円利用できます。

<支給限度額>

上限18万円

<住宅改修項目>

1.手すりの取付

2.段差の解消

3.滑りの防止、床材の変更

4.扉の取り替え・新設、扉の撤去

5.洋式便器への取り替え

6.上記1~5に付帯する工事