リフォーム事例

介護保険住宅改修のリフォーム事例

玄関の改修

 

手すりで上り框の昇降、くつの脱ぎ履きがしやすくなります。

踏み台を設置すれば高い段差も楽に上り下り可能に。

外出の機会の減少を図れます。

トイレの改修

 

手すりで便器の立ち座り、トイレの出入り・移動をサポート。

ドアノブを丸い握り玉タイプからレバーハンドルにすれば、軽い力で開け閉め可能に。

和式便器から洋式便器に交換・変更すればより快適で安全になります。

浴室・洗面所の改修

 

手すりで浴槽の出入り・立ち座り、洗い場の移動をサポート。

入口の扉を折れ戸にすれば、少ない体の位置移動で安定して開け閉め可能に。

床材を変更すれば、足を滑らせて転ぶことを防止できます。

階段の改修

 

落下事故が起こりやすい階段には、手すりを設置して転落を予防すれば安心して階の移動ができます。

踏み面に滑り止め材を付ければ、下りるときの踏み外しのリスクをより軽減できます。

廊下の改修

 

部屋間の移動には廊下がつきもの。寝室・居室からトイレや玄関に向かう際に手すりを伝って移動ができれば、すべったりバランスを崩して転倒するリスクを避けられます。

屋外の改修

 

玄関に続く外階段や門扉からのアプローチも手すりで安全に移動をサポート。

敷石のデコボコにはコンクリートでスロープやフラットな歩行面を作ればつまずいたり転んだり…という危険が予防できます。

一般のリフォーム事例